2018年9月26日

iOSアプリの登録申請時、「追跡型広告の制限」云々のキーワードがあり、アプリ上に広告表示する場合、これに同意しないとアプリの登録ができない事態になりました。

追跡型広告の制限を設定」欄で、これに合意しないと先に進めないのでとりあえずこれで進めました。

itunes connectの「追跡型広告の制限」とは、気になって調べてみると…。

追跡型広告の制限とは、ユーザのアクセス状況を分析して、興味のある情報を中心に表示させる機能です。
直近でアクセスした情報が、広告で表示されたりすることがありますが、まさにその機能。


iphoneでの設定でこの機能を止めるには、
設定」-「プライバシー」-「広告」で「追跡型広告を制限」をオフ(初期値は、オフ)

設定」-「プライバシー」-「広告」ー「広告の情報を表示する」では、アカウント情報がありこの情報が広告表示等に利用されているものと思われます。知らずに登録されていたことに驚きです。

情報は、生まれた年、性別、郵便番号(都道府県・市町村・町名)では、個人情報とは言い難いですが、それに近い情報と言えます。Appleidと繋がっていますので簡単に変更はできないです。