AQlier/ 2019年4月23日/ tech

WordPressで記事を投稿する時のエディタで、従来の画面構成に慣れているためバージョンアップ後のエディタの操作は、少し違和感。

画面構成が大きく変わってしまったので、設定漏れが発生することが多くなった。
そのため、従来のエディタ構成とする際の方法をまとめました。


対応方法

1.WordPressのプラグインで新規追加で、Classic Editorをインストールして「有効化」します。
この操作で、従来のエディタ構成になります。
従来あったSEO関連のソーシャル機能のタブが無くなっていました。