AQlier/ 2019年4月20日/ tech

WordPressのBackWPupで「エラー:ステップを中止:回数が多すぎます!」のエラーがでました。これは、過去にも発生していた現象で、原因は退避対象データが多いことが原因と考えられます。
ログを確認すると


対処方法

1.BackWPupの設定で、「設定」-「ジョブ」画面で「スクリプト実行時間」が出る場合
スクリプト実行時間を”30″(初期値)から“0”に変更して「変更を保存」ボタンを押します。
(この画面は、動作環境のPHPバージョンが低い(プラグイン機能が非対応)と表示されない可能性があります。)

2.BackWPupの設定で、「設定」-「ジョブ」画面で「スクリプト実行時間」が出ない場合(動作環境のPHPバージョンが低い)

過去に発生した時の対処としては、退避すべきデータ量を少なくするしかありません。
BackWPupの「ジョブ」で該当するジョブを「編集」ー「ファイル」で「uploads フォルダーをバックアップ」欄で除外データ(フォルダ)を選択(チェック)して、1回の処理で退避するデータ量を減らします。

関連記事:WordPressのBackWPupで「エラー:ステップを中止:回数が多すぎます!」のエラーが発生!

スポンサーリンク