2019年2月27日

Windowsパソコンでハードコピーをとる方法で、新規が出来たので、2018.3.14の記事を編集します。

この機能は、Windows10 のWindowsUpdate 1809で対応されたようです。以下は、適用済みであることを前提としています。

Windowsのクリップボードに指定した範囲で出力される方法になります。


操作方法
1.ハードコピーを取りたい画面で、以下のボタンを押します。

Windowsボタン + Shift + s

2.画面が薄暗くなり、ハードコピーしたい範囲をマウスで指定します。(指定した範囲は、オリジナルの輝度で表示されます。)

3.クリップボードに出力されます。以降は、コピペ等で使用できます。
Macのハードコピー操作に近いですが、ファイル出力されません。


以下は、2018.3.14の記事で、フル画面でのファイル出力が可能です。

Windowsパソコンでハードコピーを取って、png形式で直接格納する容易な方法をまとめました。


操作方法

1.ハードコピーを取りたい画面で、以下のボタンを押します。ハードコピーを取りたい画面で、以下のボタンを押します。
 一瞬薄暗くなったら、ハードコピーが取れています。
 パソコン機種(キーボードの表示)により、ボタン操作が異なります。
以下の2パターンがあります。

 ・Windowsボタン + Prt Sc(Prt Scの表記が上)

 ・Windowsボタン + Fn + Prt Sc(Prt Scの表記が下)

2.パソコンの「ピクチャ」ー「スクリーンショット」のフォルダに格納されているので確認します。ファイル名は、「スクリーンショット(*).png」で作成されます。

複数ハードコピーを取ると、「スクリーンショット(1).png」、「スクリーンショット(2).png」、「スクリーンショット(3).png」で作成されていきます