2018年11月14日

第二水曜日になると月例のWindows Update処理実施されます。

最近ではバックグラウンドでインストールまで自動で行ってくれて、タイミングのいい時間帯に再起動するような仕組みが設定されています。

そのため、シャットダウンするときに、更新のメッセージに気づくこともあります。

2018/11月版の処理は、パソコンが古いせいかバックグラウンド処理が重くフォアグランドの処理が全く受け付けない状態になり、Windows Updateの処理が動いていることが理解できました。

この状況を打破するために即パソコン再起動が必要となりますが、Windows Update適用が伴う再起動のため約40分のタイムロスが発生しました。「再起動のスケジュール」という機能が全く意味をなさない状態でした。急ぎのとき、これは…。

Windows Updateで再起動の時間帯設定はできますが、
バックグラウンド処理(インストール)時間の設定、Windows Update適用なしの再起動・シャットダウンの機能が欲しい状況です。それに再起動時間の目安みたいな指標(軽い、中、重い)も欲しい所です。