2018年6月8日

Google Mapsの料金体系が変更になると言われていました。
Xcodeで、Google Mapsの機能が必要になり実装することになり、課金対象になるのか?否かで確認する必要があり、確認方法をまとめました。

Google Maps SDK for iOSは、「無制限の無料利用」となっていますが、プレミアムプランとの違いがよくわからない点もあります。


Google Mapsの使用状況を確認する時、以下の手順で行います。


1.Google Mapsの使用状況を確認する時、GoogleChromeでログインします。

2.検索窓で、「google maps api console」を入力します。

3.ダッシュボードで、トラフィックを確認します。
画面は、テスト起動後の状態
Google Maps SDK for iOSだけにアクセスされているので、「無制限の無料利用」の範囲が確認できます。