AQlier/ 2018年6月7日/ iOS

Apple審査でひさびさApple審査で却下になりました。今回は、ちょっとした機能を付加したので注意する点は多岐に考えられましたが、エミュレータ、実機のテスト環境では、問題なく処理ができ、Archivreファイルも問題なく手続きはできました。
ーーーエラーメッセージーーー
Guideline 2.1 – Performance – App Completeness
Your app crashed on iPad running iOS 11.4 connected to an IPv6 network.

Specifically, when we attempted to access any of the ******, your app crashed.

We have attached detailed crash logs to help troubleshoot this issue.

ーーー日本語訳ーーー
ガイドライン2.1 – パフォーマンス – アプリケーションの完全性
あなたのアプリは、IPv6ネットワークに接続されたiOS 11.4を実行しているiPadでクラッシュしました。

具体的には、******のいずれかにアクセスしようとすると、アプリがクラッシュしました。

この問題のトラブルシューティングに役立つ詳細なクラッシュログを添付しました。


今回対処したこと

1.ターミナル画面からコマンドを入力して解析する方法がネットに上がっていまいたが、この方法ではモジュールがないエラーが出て対処できませんでした。

2.最新Xcode環境で開発
Xcode9.3環境を使用していて、開発環境切り替えにおいて面倒な環境構築を嫌って新環境は今後対応と考えていました。新環境にバージョンアップする際、ディスク空き領域不足などの対処があり、2時間程度の時間を費やして環境構築して再度、Archive作成してアプリの審査を受けたところ、審査が通りました。

ここで考えられることとして…
Xcode9.4環境でないと審査が通らない機能(crash回避)が付加されているか?
審査環境のiPadに問題があったのか?

こちらでは、根本原因が不明です。エラー原因が未解明なので、今後もこのようなことは発生すると思われます。

スポンサーリンク