2018年4月22日

iosアプリにおいて、画像データを表示する設定になります。
アプリの状況に合わせて画像表示する際に使用できる定義です。

以下言語は、Objective-cになります。

    //画像セット
    CGPoint CGP;
    UIImage *img;   //元画像
    UIImage *img1a; //縮小後画像
    
    CGP = CGPointMake(154,390);		//画像中心位置
    float widthPer_1 = 0.9;		//画像の倍率 幅
    float heigthPer_1 = 0.9;		//画像の倍率 高さ
    img = [UIImage imageNamed:@"U01.jpg"];//画像データ

    CGSize sz = CGSizeMake(img.size.width *widthPer_1,
                           img.size.height *heigthPer_1);
    UIGraphicsBeginImageContext(sz);
    [img drawInRect:CGRectMake(0,0,sz.width,sz.height)];
    img1a = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
    UIGraphicsEndImageContext();
    UIImageView *iv = [[UIImageView alloc] initWithImage:img1a];
    
    iv.center = CGP;
    CGP=iv.center;
    float impX = CGP.x;
    float impY = CGP.y;
    CGP = CGPointMake(impX,impY);
    
    [self.view addSubview:iv];