2018年3月25日

iosアプリを開発する際、Xcodeの開発環境を使用することになっています。
Xcodeを使用中、前々から気になっていたものがありました。

それは、ナビゲーションエリアのファイルの右に表示される「M」や「」の文字です。参考本・ネットを調べましたが、どーでもいい項目らしく載っていません。

これについて、調べてみました。
本当にどーでもいい項目らしく、あまり情報がありません!!

M:Modify(修正した)ファイル
A:Add(追加した直後)ファイル
?:エラーがあり、修正が必要なファイル
(空白):テンプレート上で自動生成された状態のファイル

:調査・確認できていません。
  ファイルの形態からすると、Xcode以外(Finder上)で追加されて状態が不明Xcodeで管理できていない)なものと思われます。
修正したら、「M」に変更になりました。

ポイントとして、開発時「」があったら、何かしらの対処が必要なもなのでチェックが必要となります。