2018年2月3日

GoogleのGmailを整理していた際、受信ボックスのプロモーションのタグで、気になる表題を発見しました。

パートナー ニュースレター: Play デベロッパーに適用される新たな要件、最新情報、Play Console のツール、エキスパートのおすすめの情報」で明らかにプロモーションとは異なるメールで、Android開発者向けのメッセージでした。


今後の変更点」をクリックすると、

英文で読むのをやめようとしましたが、ちょっと気になって翻訳するとAndroid開発で影響となる点が3点あるようです。

1.2018年11月以降、セキュリティ面でAndroid API機能強化?で既存アプリのアップデートが必要となる点。

2.2019年8月以降、32ビット版に加えて64ビット版の提供義務化。APIレベル26(Android8.0以上)が提供されるようです。

3.2018年初頭、APKの少量のセキュリティメタデータを追加。(開発者側は無関係)

このメールは、Android開発において重要と言えるものでプロモーション扱いでない感じがします。