2017年12月3日

Xcodeで開発したアプリをArchive(アップロード)した際にITMS-90022のエラーが発生しました。

Xcode8で作成したアプリをXcode9環境で稼働させるには、必要となるアイコンの数が増えたため、未対応のアイコンがありエラーが発生することが多くあります。

アイコン作成で利用しているサイトを利用するとXcode9環境で必要とされるものを一括して作成しれくれるので便利です。

関連記事:アイコン作成サイト

補足:便利なのですが、作成後のアイコンファイル名が、以前と大きく変更になってしまい過去の資産とファイル名で不整合が発生することがあります。

今回、アイコンの定義を一旦削除してエラー情報をもとに設定した手順になります。また、アプリは、Xcode7環境をベースにしているので最新環境と異なるものがあります。

類似のエラーとして、同様の処理で対処できます。
ITMS-90022:iPhone/iPad環境でのエラー
ITMS-90023:iPad環境でのエラー


対処方法

設定ポイントは、以下2点です。
・ナビゲーターエリアで設定
・Plistで設定

<ナビゲーターエリアで設定>
1.makeappiconでアイコン(上記関連記事)を作成依頼して受取・解凍します。iosフォルダが対象になります。個別で準備することも可能ですが、このサイトを利用するともれなく対処してもらえます。

2.iosフォルダで必要なファイルをXcodeのナビゲーターエリアで「Support Files」を選択します。
今回、一旦すべてのアイコンを削除して必要なものをエラーからセットしました。

エラーメッセージでは、アイコンサイズ「120×120」です。これに該当するアイコンは、120=60×2に当たる「Icon-App-60×60@2x.pngが該当します。

<Plistで設定>
3.Xcodeのナビゲーターエリアで「Plist(正確には、<アプリID>-Info.plist)」を開いてアイコンの定義を追加します。アイコンの定義は2か所です。
+(追加)」ボタンで行追加して定義を行います。
必要なアイコンがある場合、Item行を追加して登録します。

不足分のアイコン定義をし直すことで、エラーは解消されました。