2017年10月12日

Android環境のアップデート※をした後、Androidアプリの修正を行わないでシミュレーション機能で動作確認したところ、エラーが発生しました。

※Android Gradle plugin update Recommended ( plugin 2.3.3, Gradle 3.3)のupdate

エラーメッセージ

call requires api level 13 (current min is 11)

ーーー和訳ーーー
コールにはAPIレベル13が必要です(現在の最小値は11です)

このエラーは、開発環境生成するアプリ最低サポートバージョンの相違によることが原因です。


対処方法

ソース上でエラーが表示されますが、このエラーに関しては以下の対処で対応可能になるので、ソースに関してはそのままで進めます。

1.Android Studioのエクスプローラー上でbuild.gradleを探します。build.gradleは、2か所ありますが、appフォルダにあるものです。

2.build.gradleを開くと以下のようになっているので、「minSdkVersion **」を確認してエラーメッセージに合致していることを確認します。

3.変更後の値に関しては、エラーメッセージ上で最低でも13以上となっています。そのため、13もしくは、現行のアプリ利用者の最低バージョンと照らし合わせて決定することも可能かと思われます。

Google Play Developer Consoleで利用状況(統計情報)を確認して決定も可能です。

4.今回Android4.2を、API Level(minSdkVersion)に変換します。

Androidのバージョン履歴」を参照。

5.上記2のbuild.gradleのminSdkVersionを「11」から「17(Android4.2)」に変更します。

6.build.gradleの画面上部にメッセージ(Gradle files have …)が出るので、「Sync Now」をクリックします。


7.シミュレーション機能、Buildでエラーとなったバージョンに関するエラーが発生していないことを確認します。