2017年8月23日

パソコンのJava環境でUpdateの利用ができたら、タスクトレイに通知されます。
通知の受けるタイミング、アップデート方法をまとめました。


アップデート方法

1.Java Updateの利用が可能になると、タスクトレイにJavaのアイコンが表示されるのでクリックします。

2.「Java Update利用可能」画面が表示されるので、<更新>ボタンを押します。

3.画面が黒くなり、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが表示されるので<OK>を押します。

 

  画面右上の「×」を押すと、キャンセルになります。このとき、タスクトレイからJavaアイコンが消えてしまうので、再度表示させるには以下を参照してください。

4.ボタンを押すと「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が消えて、しばらくすると以下の画面が表示されて更新処理がスタートします。

 

5.更新が終了すると以下の画面が表示されるので、<閉じる>ボタンを押します。


タスクトレイにJava Updateアイコンが表示されるタイミング&タスクトレイからJava Updateアイコンが消えてしまった時

1.メニューでJava関連を開いて「更新の確認」メニューを選択します。

2.「Javaコントロール・パネル」画面が表示されるので、タスクトレイにJava Updateアイコンを確認・再表示するには、<今すぐ更新>ボタンを押します。

  更新のチェックタイミングを変更するには、<拡張>ボタンを押して「自動更新の詳細設定」画面を表示させます。標準では、毎週金曜日 7:00にチェックしています。

   毎週金曜日 12:00に変更した例