2017年8月21日

パソコンで裏で重い処理(データ退避起動中にアプリを起動したときによく発生)していると、以下のメッセージが表示されます。

Maximum execution time of 30 seconds exceeded
訳:最大実行時間が30秒を超えました

重い処理が起動されているので、パソコン資源負荷が下がるのを待つと解決できます。


PHPを起動した場合であれば、php.iniの環境変更により対処できます。
ただし、パソコンの使用負荷が高いので、ファイル更新も容易にできないこともあります。

30秒から60秒に変更する場合

c:\xampp\php\php.ini のファイルを開いて、以下に変更します。

372行目

max_execution_time=30
 ↓
max_execution_time=60