2017年8月9日

Mac標準機能のnight shiftを使用すると、目の疲れを緩和する暖色系の色合いに画面が切り替わります。
macOS Sierra 10.12.4以降で提供されている機能で、iPhoneでもios9.3以降で採用されている機能となっています。夜間のブルーライトが体に悪い影響を与えるということでの機能となっています。

 


操作方法

1.「システム環境設定メニュー」を起動します。

2.「ディスプレイ」を起動します。


3.「night shift」タグを選択します。


スケジュール:切 以外の「カスタム」or「日の入りから日の出まで

  手動:「明日まで入りにする」をチェック

変更後、すぐに画面の色合いは変わります。

ハードコピーを取ると、標準色となったので写真でご紹介します。
標準色の場合

night shift(色温度は、中間)の場合

余談。
ブルーライト軽減と言うことですが、若干セピア色に近く見難い感があり、使用することをやめました。「色温度:冷たく~暖かく」を操作しても輝度が低いため、見やすさを優先する方には不向きと言えます。(個人の感想です。)