2017年8月7日

PC上のデータ退避ができないのは、ディスクに問題があるのでは?とのことでPCのHDDのメンテナンスを行いました。

Windows10標準ツールで以下の2点を実施しました。

1.エラーチェック:ドライブのエラー状態を確認

2.ディスク最適化:断片化されたデータを修復して効率アップにつながる処理


エラーチェックの操作方法

1.PCのCドライブ、もしくはDドライブを選択して、右クリックして「プロパティ」を選択します。

2.「ツール」ー「エラーチェック」の「チェック」を選択します。

3.インジケータが進行するので、終了するまで待ちます。


ディスク最適化の操作方法

時間が掛かる処理なので、起動するタイミングは要注意です。2.5時間~3時間程度かかりました。PCによっては、それ以上の時間が必要となる場合もあります。

1.PCのCドライブ、もしくはDドライブを選択して、右クリックします。

2.「プロパティ」を選択します。

3.「ツール」ー「ドライブの最適化とデフラブ」で「最適化」を選択します。

 

4.PC内のドライブ明細が表示されます。
  該当するディスクを選択して、以下のボタンを押します。

「分析」ボタン:分析だけで、最適化処理は行われません。
「最適化」ボタン:分析のあと最適化処理が行われます。

5.最適化ボタンを押すと、ステップ*:**%「分析済み」、「再配置済み、最適化済み」、「再配置済み、最適化済み」などのフェーズで進行します。

ステップは、PCにより延々と続くこともあります。ステップ100までは処理が続くことを確認しています。
処理時間は、ステップ1~ステップ8ぐらいまでかなり時間が掛かりますが、それ以降は数分で各ステップが進んでいきました。