2017年7月28日

Xcodeバージョンアップに対してインストールを行いましたが、ディスク容量が不足してしまった場合の対処方法をまとめました。

いままで対処した方法は、以下の2パターンあります。
・不要なファイルを削除して空き領域を確保する。
・現Xcodeを削除して、空き領域を確保する。

 


以下は、「現Xcodeを削除して、空き領域を確保する。」方法になります。

対処

1.タスクトレイで「Xcode」の下にドット(.)の状態を確認します。
  ドット(.)がなければ、3へ

2.ドット(.)が付いているとXcodeが使用中なので、タスクトレイ上で右クリックで<終了>します。

3.<Finder>ー<アプリケーション>で一覧を表示する。

4.一覧から、「Xcode」を選択して、「ゴミ箱に入れる」を選択します。

5.ゴミ箱を開いて「空にする」ボタンを押します。