2017年7月1日

電子政府の総合窓口(e-gov)の動作環境がうまくできず、大ハマりました。

e-Gov電子申請用プログラムが正常にインストールできないと、電子申請画面でエラーが出て使用できません。その時の対処で、環境構築ポイントをまとめました。
以下の★は、実際対応したポイント(動作確認済み)です。

ポイント

1.動作環境OS
  ★windows10
   Window7、Windows8.1でも動作保証しているようです。

2.ブラウザは、
  ★InternetExplorer11.0
   Google Crome、MicrosoftEdgeは、動作環境不可です。

3.javaのインストール
  ★java ver8 update131
   古いバージョンと混在しているとインストールできません。
   古いバージョンがあった場合、削除する必要があります。

4.ブラウザのポップアップ解除
  ★<インターネットオプション>ー<プライバシー>ー<設定>で、
   「*.e-gov.go.jp」を追加します。

5.信頼済みサイトの設定
  ★<インターネットオプション>ー<セキュリティー>ー<信頼済みサイト>
   「サイト」ボタンを押して、以下3サイトを追加します。
    ・www.e-gov.go.jp
    ・shinsei.e-gov.go.jp
    ・https://shinsei.e-gov.go.jp

  httpsの登録時は、「このゾーンのサイトにはすべてサーバの確認(https:)を必要とする」
  にチェックを入れます。


6.javaのキャッシュをクリアをします。
  ①<Windowsキー(Windowロゴ)>(Windowsメニューから)ー<java>ー<javaの構成>を選択します。

    ②「一般」のインターネット一時ファイルの<設定>ボタンを押します。

   ③ファイルの削除>ボタンを押します。

   ④「ファイルおよびアプリケーションの削除」画面で<OK>を押します。

   ⑤終了したら、java関連の画面を終了します。各画面で<OK>ボタンを押していきます。

7.ブラウザ(IE)を一旦終了して、設定変更を反映させるため再度IEを起動します。

8.e-Gov電子申請用プログラムをインストールします。(手順書通りに進めます。)
   1画面目  同意する
   2画面目  メアドは任意入力。入力しなくてもインストール可能
   3画面目  「ダウンロード」ボタンを押します。

   ①「このアプリケーションを実行しますか?」の画面が表示されます。
     ※この画面が出れば、ほぼ問題なく進めそうです。 
   ②格納フォルダ指定のダイヤログ画面が表示されます。
    「C:\Users\(使用しているユーザ名)\.egovfc」を指定します。
                         (画面を取り忘れました。)

   ③そのまま進めると、以下の画面が表示されます。
    この後、電子申請画面で入力が可能になりました。