2017年4月6日

iTunesConnectのアプリ申請で、最終の「送信」後にE-mail「iTunes Connect: Your app “xxxxxxxxxx” (Apple ID: yyyyyyyyyy) has one or more issues」が送られていました。その時の対処です。申請した時の画面でないので、申請後はメールにもチェックが必要です。

E-mailのタイトル:iTunes Connect: Your app “xxxxxxxxxx” (Apple ID: yyyyyyyyyy) has one or more issues(翻訳:あなたのアプリで1個以上の問題あります。)
xxxxxxxxxxはアプリ名、yyyyyyyyyyはApple IDです。

翻訳すると…
不足プッシュ通知資格 – あなたのアプリはApple Push Notificationサービスに登録されているように見えますが、アプリ署名の資格には「aps-environment」資格が含まれていません。アプリがApple Push Notificationサービスを使用している場合は、Provisioning Portalでプッシュ通知が有効になっていることを確認し、「aps-environment」エンタイトルメントを含むDistributionプロビジョニングプロファイルでアプリに署名した後に再送信してください。 Xcode 8は、ビルド時にプロビジョニングプロファイルからaps-environment資格を自動的にコピーしません。この動作は意図的です。このエンタイトルメントを使用するには、プロジェクトエディタのCapabilitiesペインでプッシュ通知を有効にするか、エンタイトルメントファイルに手動でエンタイトルメントを追加します。


対処

1.Xcodeの<ターゲット>-<Capabilities>を開けます。


2.Push Notificationを「ON」に変更します。

3.この後、再度申請手続きを行ってエラーが無いことを確認しました。