2017年1月22日

HTML画面

 

Web画面でios/Android同等の処理を作成してみました。(かなりの初心者!)

ポイントは、3点です。
1.HTML画面の作成
2.PHPアプリの振り分け(PHPアプリの起動方法)
3.処理結果を受け取る処理

1.HTML画面の作成

 

HTML画面の定義は以下になります。ソースは、画面変換されて表示されてしまうので、半角<>は、全角<>に変換しています。

 


<HTML>
<HEAD>
<TITLE>HTML画面でテスト </TITLE>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
</HEAD>

<BODY bgcolor="#FFFFFF" text="#000000">
<FONT size="4">確認テスト</FONT>
<FORM name="form1" method="post" action="http://192.168.1.3/php_syori.php">
<BR>
番号:
<INPUT type="text" name="usernum"><BR>
名前:
<INPUT type="text" name="name"><BR>
住所:
<INPUT type="text" name="addr"><BR>
<BR>
<INPUT type="submit" value="検索" name="selectX">
<INPUT type="submit" value="更新" name="updateX">
<INPUT type="submit" value="追加" name="insertX">
<INPUT type="submit" value="削除" name="deleteX">

</FORM>
</BODY>
</HTML>

 

画面イメージ

 

 

 

 

 

ボタン毎に処理に記述がわからないので、とりあえずphpを呼び出して、呼び出しボタンの状態で制御(selectXなど)を行っています。

 

2.PHPアプリの振り分け HTML画面での呼び出し情報(検索、更新、追加、削除)を判断して、それぞれのPHPを起動する。 振り分けするだけの簡易的な処理です。

文字化けしています。実際は、&#91;"usernum"&#93 → ["usernum"] です。

<!--?php $para = "usernum=".$_POST&#91;"usernum"&#93;."name=".$_POST&#91;"name"&#93;."addr=".$_POST&#91;"addr"&#93;; //検索 if ( isset($_POST&#91;"selectX"&#93;)) { include ("php_select.php"); } //更新 if ( isset($_POST&#91;"updateX"&#93;)) { include ("php_update.php"); } //追加 if ( isset($_POST&#91;"insertX"&#93;)) { include ("php_insert.php"); } //削除 if ( isset($_POST&#91;"deleteX"&#93;)) { include ("php_delete.php"); } ?-->


3.処理結果を受け取る処理



この処理では、検索をすると、以下の状態になります。
ios/Androidと共通モジュールでは、以下のような結果で戻ります。

画面入力値                DBのデータ

 

 

 

 

 

処理結果

 

name=#XXXX#XXXX#の形式が処理結果になります。

 

個々の項目で受け取るには、呼び出し先PHPでprint命令をなくして、呼び出し元・呼び出し先で同じ変数で受け渡すのが、容易となります。このとき、htmlであるか否かの判断も必要ですが…。