2016年7月20日

iosでHTTP通信(XAMPP設定)

 

iphoneからHTTP通信できた時のメモ!

PC上で、XAMPP環境を構築するには、以下の設定が必要です。

1.XAMPPインストール
2.apache設定
3.動作確認
4.host設定

ーー 詳細 --

1.XAMPPインストール


  (X:クロスプラットフォーム、A:Apache、M:MySQL/MariaDB、P:PHP、P:Perl)

   ダウンロード先:https://www.apachefriends.org/jp/index.html
exeファイルをダウンロードして、インストールします。

XAMPP_conpaneインストール後、この画面が表示できます。

2.apache設定

 

◆httpd.conf(c:\xampp\apache\conf\tttpd.conf)
 チェックポイント(設定値に関してチェック!)
 ・ServerRoot ”C:\xampp\apache”  (xamppをインストールしたディレクトリ

 ・Listen 80  (ポート番号で80を使用している場合、変更)

 ・ServerName localhost  (ローカル環境でない場合、見直し)

 ・DocumentRoot ”C:\xampp\htdocs”  (phpアプリの格納先)

 ・AllowOverride All(もしくはNone)   (アクセス制限をする場合、Allを指定)

 ◆php.ini(c:\xampp\php\php.ini)

  チェックポイント(設定値に関してチェック!)
・default_charset =UTF-8″ (コメント「先頭の;」を取る)

 ・date.timezone=”Asia/Tokyo” (タイムゾーンを変更する。)

 ・mbstring.language = Japanese (言語を変更する。)

 ・mbstring.internal_encoding = UTF-8 (内部文字コードを変更する。)

 ・mbstring.http_input = UTF-8 (HTTP入力文字コードを変更する。)

 ・mbstring.http_output = pass  (HTTP出力文字コードを変更する。)

 ・mbstring.substitute_character = none (コメント「先頭の;」を取る)

3.動作確認

XAMPPでapache、Mysqlを「start」ボタンを押して動作確認してください。



Module欄で、起動したApacheとMysqlが緑色になれば問題ありません。

 

 

4.host設定

c:/windows/system32/drivers/etc/hosts に以下の設定を追加します。

127.0.0.1 localhost

※直接修正できないため、一旦デスクトップなどに移動して修正後、もとのフォルダに戻します。

関連記事

    ios/AndroidでHTTP通信アプリのまとめ