2016年3月24日

スマホアプリ開発中でのデバック用ログ出力

 

XcodeAndroid Studioの実行で、途中結果などをOutput窓に表示するコマンドで、
スマホ画面には、何も表示されません。

Log

Objective-c
NSLog(@"Hello World");			//引数なし

NSLog(@"Wint =%d",Wint);		//数字型

NSLog(@"Wfloat =%f",Wfloat);	//小数型

NSLog(@"Wstring =%@",Wstring);	//文字列

実行結果
objc_log
 変数の値は、事前にセットしています。

表示したい文字は、先頭に@をつけて文字列をダブルクォーテーションで囲む。
変数の値も表示するときは、「@”<固定文字列>+<型指定>”,変数」で指定する。

Swift
//引数なし
print("Hello World")

//文字型変数を表示
print("Wstring =\(Wstring)")

//数値型変数を表示
print("Wint =\(Wint)")
実行結果
swift_log変数の値は、事前にセットしています。

表示したい文字は、文字、数値とも同じ扱いになります。

 

Android
 //引数なしのとき
 Log.i("Hello World"," "); //第二引数は、スペースを指定

//第二引数に文字項目を使用するとき
 String Wstring = "abc";

 Log.i("Wstring", Wstring);

//第二引数に数値項目を使用するとき
 int Wint = 123;

 Log.i("Wint", "" + Wint);

実行結果
and_log

Logの引数は、2個のため、文字列だけの表示なら、第二引数は、空白(”△”)を指定します。null(””)の時、この命令は、処理対象になりません。
第二引数で数値項目を使用する場合、<””> + 変数 で、指定します。

 Log.i("Hello World", aaa);  //INFO(情報)
 Log.d("Hello World", bbb);  //DEBUG(デバッグ情報)
 Log.e("Hello World", ccc);  //ERROR(致命的な問題)
 Log.w("Hello World", ddd);  //WARN(警告)
 Log.v("Hello World", eee);  //VERVOSE(すべてのログ情報)

Logの表示
スクリーンショット 2016-03-17 16.12.48

Logcat(プラグイン)を使用すると、ビューの種別抽出が可能です。