2016年2月19日

Apple証明書切れで、オオハマリしてしまった。
予め対処していた人は、いるのであろうか???

現象は・・・

    数日前、Apple iOSアプリの申請時、エラー画面が出て登録ができなくなってしまった。
証明書エラー画面
この画面から、エラー原因&何をすればいいのかもわからない。

先週問題なくできていたことで、環境関連のエラーということは察した付くも原因が判明せず、
Appleに原因を問い合わせると、証明書の期限切れとのことで、最新証明書をダウンロードして
適用する旨の回答を約1日後にいただいた。英語を翻訳すると、毎度のおかしな日本語なので、
雰囲気から判断しないとならないが、原因は、2016年2月14日有効期限切れとのことで、納得!

証明書エラー画面22

1.最初に、古い証明書を削除する。
 これは、キーチェーン ー> システム で抽出しないと発見できないかも?

消したつもりで、対処すると、進展しないので注意が必要。
削除が不充分であったため、Certificatesの見直し&作り直しでオオハマリとなってしまった。

証明書エラー画面23

2.新しい証明書をダブルクリックで適用可能となります。
スクリーンショット 2016-02-19 15.45.02ダブルクリックすると、キーチェーンの一覧に追加されます。


ーーー

今回の適用で有効期限は、2023/2/8になるとのこと。次回もきっと、オオハマリするのであろう。
知らない間にこんな仕掛けを仕組まれて、予告も無いなんて困ったものだ。

サポートに調査依頼するも、2日以上経っても回答が来ないため、自力で対処して何とかできたが・・・。
2か月後に「回答でーす」のタイミング外しの英文メールが届くであろう。ここまでは、さすがに待てない!