2015年3月9日

安いインクを使ったら・・・。
ということで、記事を書きましたが、追記の事項が発生しました。

適合機種でないプリンタインクを使用して、ICカードを付け替えて使えるようになったのも、100枚程度で、いきなり、印刷したものがかすれ出し、いきなり、インクなし。。。

インクを確認すると、なみなみとインクの液体があって、実態とまったく異なる状況に陥った。
1色でもインクが使えないと、プリンタとして使えないのは、いかがなものだろうか?

この時、考えられる選択肢は、
1.正規版プリンタインクを購入する。
2.プリンタ詰め替えセットを購入する。
3.プリンタインクのICリセッターを購入する。

1の正規版は、かなり高い。
3のプリンタインクのICリセッターだけでは、これで使えるようになるのか不明で、機種適合か不明という点で、2のプリンタ詰め替えセットを購入することに・・・。
詰め替え4色インクと、ICリセッターのセットであります。

インクリセッター

これを買って、非正規プリンタインクに、正規版ICチップをつけて、プリンタインクのICリセッターで何とか使えるようになった。

ならば、非正規のプリンタのICチップでは・・・・。と試すも、プリンタが認識しないので、正規版のICチップでないと使えないことが判明した。

brotherの複合機は、プリンタインクの囲い込みの一環だろうか?プリンタインクで儲け出しているんだろうか?